遅れまくってすみません。イタリアの写真picasaにアップしています。

あみちゃんからお願いされていたイタリアの写真なんですけど、
遅れまくって申し訳ないけど、本日アップしました。
旅の内容
脱日本をしたく、GWに一人イタリアへ
コース
1.ベネチア マルコポート空港着
2.Alilagunaという船で、ベネチアの街へ(2泊)
3.ユーロスターで、フィレンツェへ(1泊)
4.ユーロスターで、ローマへ(3泊)
5.帰国
費用
40万くらい使った気が・・・
感想
ご存知の通り、歴史を十分に味あわせてくれる国でした。
国に対する理解が深い浅いに関わらず、各人が何かしらの印象を受ける国の一つで無いかと思います。
最初の訪れた都市はベネチアで、水と街との大変美しい街でした。
また、水と触合って生活する様子が、故郷長崎で見てきた風景と重なり、少し懐かしさを感じました。
次にフィレンツェを訪れたのですが、ここでは芸術品関係が印象に残ったかな。
それ以上に、イタリア国内の修学旅行生が多いことに驚き、そりゃ芸術家も育つわと、なんとなく羨ましくなりました。
最後にローマに行ったんですが、まずローマ法王。
バチカンにふらっとよったつもりが、ミサがあったので、麻生氏より先にちゃっかり会ってきました。
観光はチャリで周ると決めていたので、怪しげなチャリレンタル屋で免許証と引換えに、チャリをお借りし、
コロッセオなど遺産達をたくさん見ることが出来て満足でした。
気になる、食べ物とお酒もとても美味しく、特に葡萄酒は価格・味ともに満足できるものでした。
# 気が向いたら飲食の詳細書きます。
最後に
総じて満足なのですが、短期間で海外を訪れた場合にいつも物足りないのが、
現地の人達の生活をあまり知ることが出来ないことで、
次回は葡萄狩のシーズンにファームステイでもとしたいなと思っています。
林田拓也

"Blog"の最新記事はこちら

ミャンマー便 featuring 映画「僕の帰る場所」レポート

ミャンマーの民主化クーデターが起こったのは2021年2月1日。今なお民主化を求める市民に対し、国軍による徹底した弾圧が続いています。抵抗する市民や少数民族の武装組織との衝突も全土に広がっています。今回は、その2月を忘れないため、2022年2月20日、映画『僕の帰る場所』の藤元明緒監督に「ミャンマーと私」をテーマにスペシャル対談をしていただきました。2021年7月のベトナム便Light featuring 映画『海辺の彼女たち』に続き、日本とアジアシリーズです。

レポート2022/4/9 LunchTripウクライナ便を行いました

2022/4/9 10:00−11:00、LunchTripウクライナ便を行いました。ご搭乗いただいた皆様、誠にありがとうございました。今回は、過去最高の141名という多くの方にお申し込みをいただきました。 プレゼンテー […]