法人の皆様へFor Corporates

LunchTripでは今まで、多くの株式会社、大使館、NPOの方々とお付き合いさせていただいております。
単にイベントの企画•プロデュースだけでなく、様々なメディアや組織の中から「身近なランチから世界を知ること」、「消費でなく投資としての旅」を提案しています。企業や分野の枠を超えて活動中です。

ケース ①大使館の広報イベントとして

ただ国の文化の違いを伝えるだけではなく、LunchTripでは食べて考えて「旅したつもり」になってもらうことがポイントです。
通常大使館イベントには、既にその国のファンである方がいらっしゃることが多いのですが、LunchTripはある特定の国のファンのみならず、旅好きの方を幅広く集めることができます。

ある大使館員さまのメールより抜粋
「先日都内で開催されたレセプションに一等書記官と参加したのですが、別の大使館の方と一緒になった時にランチトリップのことを少し話しました。弊館の一等書記官もその別の大使館の参事官の方も”あのイベントは良かった。できれば一年に一回くらい開催したい”と言っていました。機会があればまた声をかけてください。喜んで協力します。」

ケース ②商社の社会貢献部のイベントとして

社員食堂の代金の一部を寄付をしている商社にて、寄付先の国で食べられている料理をだし、実際にどのような生活が営まれているかを現地の方/現地に行ってきた方にお話しいただくイベントを、お昼休み中に開催しました。

ケース ③NPO法人とのコラボレーション

お互いの認知度をあげるだけでなく、実際に寄付をする仕組みを持つNPO法人様とのお付き合いがあります。
ただ寄付をするのではなく、「相手のことも知りたい」と考えてご飯を食べてみる。逆に、ランチをしてみてその国に興味をもち、寄付をすることにも繋がります。

ある参加者の方からの感想より抜粋
「現地の方の生の声が聞け、その考え方がわかりました」
「最近人材セミナーに参加しましたが、まさにCrewであるNahoさんとAmiさんが「みんなが楽しめる場づくり」を
実践されているのを目の当たりにして、大いに刺激を受けました。」

ケース⑤日本企業の若手や人事部に対し、”旅を通した人材育成”について考える場として

旅はただの遊びだけではなく、人を大きく成長させる要素があると私たちは考えます。
外資系企業にて1年間の世界旅行を経て更にステップアップした人事マネージャーをガイドにお呼びし、プレゼンテーションとワークショップで自分/自社に置き換えて考える時間を提供しました。

ある参加者の方からの感想より抜粋
「参加させていただき、正直、しびれました! ”グローバル人材”に、ガイドさん個人の臨場感溢れる経験が融合し、とても説得力があり、かつ聞いていてすごくワクワクしする話でした。」
「異業種の方とも話しやすい雰囲気がいいですね。ワークショップもスピード感があり、おもしろかったです」

その他、様々なご提案もお待ちしております。下記のフォームよりお問い合わせください。

 

メディアの皆様へFor Corporates

メディア掲載、スピーチなどに関して

随時ご対応いたします。下記のフォームよりお問い合わせください。