村訪問

3週間の現地研修が終わり、首都のワガドゥグに戻ってきました。

ただ今ワガドゥグでは、アフリカの民芸品が集まるシアオという二年に一度のお祭りのまっ最中なので、
今週末見に行ってみようと思っているところです^^

先週末は、研修所のあるボボデゥラッソの南にあるファラコバという村に行ってきました。

村ではちょうど稲刈りをしているところでした。
(ブルキナファソでもお米をよく食べます!
“リソース riz sauce”という、炊いたご飯に野菜やお肉を煮込んだソースをかけた料理は定番です)

稲刈りは朝早くから村人総出で行います。

男性達がカマで稲を刈って、
それを女性と子ども達が拾って集めます。

赤ちゃんや小さな子ども達は近くの木陰で、年上の子ども達が面倒を見ます。

ぶるきな☆ぶろぐ -アフリカの幼稚園へいってきます!-

すこし手伝うだけでもすぐにクラクラしてしまうほどの暑さと大変な作業です。

フランス語の分かる村の方が、
(ブルキナの村ではほとんど現地語が話されいて、ファラコバではデゥラ語が話されています)

「私達の仕事はこの通り、機械もなくすべて手作業で、すごく厳しく大変だ。
でも、ここには村人みんなの協力や、近所同士の良い関係があるんだ。」

と話してくれましたのが、印象に残りました。

さてさて、ついに来週からは活動スタートですっ
どきどきどき

"Blog"の最新記事はこちら

ミャンマー便 featuring 映画「僕の帰る場所」レポート

ミャンマーの民主化クーデターが起こったのは2021年2月1日。今なお民主化を求める市民に対し、国軍による徹底した弾圧が続いています。抵抗する市民や少数民族の武装組織との衝突も全土に広がっています。今回は、その2月を忘れないため、2022年2月20日、映画『僕の帰る場所』の藤元明緒監督に「ミャンマーと私」をテーマにスペシャル対談をしていただきました。2021年7月のベトナム便Light featuring 映画『海辺の彼女たち』に続き、日本とアジアシリーズです。

レポート2022/4/9 LunchTripウクライナ便を行いました

2022/4/9 10:00−11:00、LunchTripウクライナ便を行いました。ご搭乗いただいた皆様、誠にありがとうございました。今回は、過去最高の141名という多くの方にお申し込みをいただきました。 プレゼンテー […]