村訪問

3週間の現地研修が終わり、首都のワガドゥグに戻ってきました。

ただ今ワガドゥグでは、アフリカの民芸品が集まるシアオという二年に一度のお祭りのまっ最中なので、
今週末見に行ってみようと思っているところです^^

先週末は、研修所のあるボボデゥラッソの南にあるファラコバという村に行ってきました。

村ではちょうど稲刈りをしているところでした。
(ブルキナファソでもお米をよく食べます!
“リソース riz sauce”という、炊いたご飯に野菜やお肉を煮込んだソースをかけた料理は定番です)

稲刈りは朝早くから村人総出で行います。

男性達がカマで稲を刈って、
それを女性と子ども達が拾って集めます。

赤ちゃんや小さな子ども達は近くの木陰で、年上の子ども達が面倒を見ます。

ぶるきな☆ぶろぐ -アフリカの幼稚園へいってきます!-

すこし手伝うだけでもすぐにクラクラしてしまうほどの暑さと大変な作業です。

フランス語の分かる村の方が、
(ブルキナの村ではほとんど現地語が話されいて、ファラコバではデゥラ語が話されています)

「私達の仕事はこの通り、機械もなくすべて手作業で、すごく厳しく大変だ。
でも、ここには村人みんなの協力や、近所同士の良い関係があるんだ。」

と話してくれましたのが、印象に残りました。

さてさて、ついに来週からは活動スタートですっ
どきどきどき

"Blog"の最新記事はこちら

LunchTripオンライン-フィジー便レポート

2020年8月23日(日)に、LunchTripフィジー便〜幸福度上位の南国から教わる”幸せの習慣”:ニューノーマル時代の幸せライフデザイン〜を、今回もオンラインにて開催しました! お迎えしたガイドは、フィジー在住の永崎 […]

10/4 LunchTripニューヨーク便 レポート

■ニューヨーク便ができるまで ニューヨーク便のきっかけは、とある活動のオンラインイベント開催で一緒に運営したこと。普段はニューヨーク界隈にお住まいの方々向けに開催しているものだったため、コロナ禍なければ、もしかしたらオン […]