ハロウィン

日本人のくせに土日両方盛り上がってしまいましたよ。
なんだと思う?このキャラ?
魔女です、魔女宅のキキです。

どうせなら昔からなりたいものになりたい
他人とかぶりたくない
買って作るだけのコスプレはイヤ

留学先がオレゴンだったからなのか、
それとアメリカみんななのか知らないけど、
私にとってハロウィンもユニークさを競うイベントだった。
それにしては今回はちょっとだめだったかな?
けど、ジジまで連れてこのホウキを持ってれば
プレゼントのハコまであれば
日本人はみんな分かってくれました!

何度夢に見たでしょう
ほうきにのって飛んでいける自分を
どっちかというとジブリのもとになった角野栄子の原作版を繰り返し読んでいたわたしにとって、キキは憬れの少女なの。

それにしても。
ハロウィンが広まったのってここ三年くらいで、
ディズニーランドが広めたとわたしは見てる。
だからハロウィングッズは日本では可愛いものとして捉えられてる。
クリスマス前の開いた期間を上手く生かした
この戦法には脱帽というかなんというか。
日本も同じ様に他の国で盆踊りを広めたりできるんだろうか?
他の国のお祭りをやるのはたのしいけど、
自分達の国のことを忘れてる様な気もしてならない
日本の地方にはたくさんのお祭りがあって
まだまだ廃れてなんかない
むしろYOSAKOIとか年々盛り上がってるよね
わたしは引越しの多い人生を理由に地域に密着できていないのかもしれないな

資本主義に踊らされてる若者
大学時代の先生に言わせれば、戦後の占領期を抜け出せていない若者かもしれない

そんなことを考えつつ絵を描きながら
向かったハロウィンパーティ
だってそこにはあの子がいてあの人がいて
そうやってうきうきでとったのが先ほどの写真だったって訳なのですた。

"Blog"の最新記事はこちら

コムスタカ―外国人と共に生きる会に寄付をしました

7月19日開催のベトナム便Lightでは、映画「海辺の彼女たち」の藤元明緒監督をガイドに、日本で働くベトナム人技能実習生について考えました。テーマに賛同し、寄付金付き参加チケットを購入いただいた方に感謝申し上げます。 8 […]

NPO法人Stand with Syria Japanへ寄付をしました

4月24日開催のシリア便Lightでは、シリア国内避難民・難民の今の状況を知る機会となりました。テーマに賛同し、寄付金付き参加チケットを購入いただいた方に感謝申し上げます。 5月末までの録画視聴チケットも合わせて総額14 […]