ハロウィン

日本人のくせに土日両方盛り上がってしまいましたよ。
なんだと思う?このキャラ?
魔女です、魔女宅のキキです。

どうせなら昔からなりたいものになりたい
他人とかぶりたくない
買って作るだけのコスプレはイヤ

留学先がオレゴンだったからなのか、
それとアメリカみんななのか知らないけど、
私にとってハロウィンもユニークさを競うイベントだった。
それにしては今回はちょっとだめだったかな?
けど、ジジまで連れてこのホウキを持ってれば
プレゼントのハコまであれば
日本人はみんな分かってくれました!

何度夢に見たでしょう
ほうきにのって飛んでいける自分を
どっちかというとジブリのもとになった角野栄子の原作版を繰り返し読んでいたわたしにとって、キキは憬れの少女なの。

それにしても。
ハロウィンが広まったのってここ三年くらいで、
ディズニーランドが広めたとわたしは見てる。
だからハロウィングッズは日本では可愛いものとして捉えられてる。
クリスマス前の開いた期間を上手く生かした
この戦法には脱帽というかなんというか。
日本も同じ様に他の国で盆踊りを広めたりできるんだろうか?
他の国のお祭りをやるのはたのしいけど、
自分達の国のことを忘れてる様な気もしてならない
日本の地方にはたくさんのお祭りがあって
まだまだ廃れてなんかない
むしろYOSAKOIとか年々盛り上がってるよね
わたしは引越しの多い人生を理由に地域に密着できていないのかもしれないな

資本主義に踊らされてる若者
大学時代の先生に言わせれば、戦後の占領期を抜け出せていない若者かもしれない

そんなことを考えつつ絵を描きながら
向かったハロウィンパーティ
だってそこにはあの子がいてあの人がいて
そうやってうきうきでとったのが先ほどの写真だったって訳なのですた。

"Blog"の最新記事はこちら

ミャンマー便 featuring 映画「僕の帰る場所」レポート

ミャンマーの民主化クーデターが起こったのは2021年2月1日。今なお民主化を求める市民に対し、国軍による徹底した弾圧が続いています。抵抗する市民や少数民族の武装組織との衝突も全土に広がっています。今回は、その2月を忘れないため、2022年2月20日、映画『僕の帰る場所』の藤元明緒監督に「ミャンマーと私」をテーマにスペシャル対談をしていただきました。2021年7月のベトナム便Light featuring 映画『海辺の彼女たち』に続き、日本とアジアシリーズです。

レポート2022/4/9 LunchTripウクライナ便を行いました

2022/4/9 10:00−11:00、LunchTripウクライナ便を行いました。ご搭乗いただいた皆様、誠にありがとうございました。今回は、過去最高の141名という多くの方にお申し込みをいただきました。 プレゼンテー […]