驚いた。

昨日いきなり、カンボジアでボランティアしたときの高校生からメールが
届いた。
元気?って。
奨学金をもらって大学いってるんだって。
あのほんとに何もない村にいた高校一年生男子が、立派になって、、。
と年長者ぶる。
実際大学五年のときいったから、ボランティアでも一番年長者だったんだ
けどね。
メールくれたことに、ただただ驚いた。ありがとう。

大学1年生でボランティアしていたハワイビッグアイランドのこど
もたちは、当時8、9歳だった。
で、当たり前だとそれから7年、彼らは高校生になってた!
これはfacebookで知る。
まさか当時の子供達の現在がこんなにリアルにみえるとは。
メールよりさらに多面的に生活がみえるfacebook。写真、ひととの
やりとり、プロフィールページで大体そのひとのことがわかる。

ああ不思議。
子供 だった子たちが、同じ目線にいる感じがする。
少なくともfacebook上は上下関係がない。

米軍の連絡のために作られたらしいインターネット。生活に欠かせなく
て、生活の必需品。
ネット上で何かできることに対し、便利だと思ってもいちいち感動までは
しなくなってきている。

でもやっぱりこうやって離れた場所の人が繋がれるというのは、驚き。
インターネットのすごさを改めて感じる。
世界が狭くなるとは、まさに、こういうこと?

Sent from Ami's iPhone

"Blog"の最新記事はこちら

ミャンマー便 featuring 映画「僕の帰る場所」レポート

ミャンマーの民主化クーデターが起こったのは2021年2月1日。今なお民主化を求める市民に対し、国軍による徹底した弾圧が続いています。抵抗する市民や少数民族の武装組織との衝突も全土に広がっています。今回は、その2月を忘れないため、2022年2月20日、映画『僕の帰る場所』の藤元明緒監督に「ミャンマーと私」をテーマにスペシャル対談をしていただきました。2021年7月のベトナム便Light featuring 映画『海辺の彼女たち』に続き、日本とアジアシリーズです。

レポート2022/4/9 LunchTripウクライナ便を行いました

2022/4/9 10:00−11:00、LunchTripウクライナ便を行いました。ご搭乗いただいた皆様、誠にありがとうございました。今回は、過去最高の141名という多くの方にお申し込みをいただきました。 プレゼンテー […]