プネ生活レポ② インドの街からナマスカール☆

こんにちわ☆

前回から少し間が空いてしまいましたが、引き続きインドの街をご紹介します♪
今回はプネの食文化についてです!
インドの料理と言えば、
タンドリーチキンやナンなど私たちにも馴染みのある料理が思い浮かびますが、
これらは北インドを代表する料理なんです。
プネの街はどちらかというと南インドに属するので、
北インド料理とはまた
ひと味違った料理を楽しむことができます。
南インド料理は、野菜を使ったメニューが豊富で、全般的にヘルシーなのが特徴です。
これはマサラ・ドーサ。
スパイスで味付けしたジャガイモを米の粉で作ったクレープのような生地で包み、少しずつ崩しながら酸味のあるカレースープにつけて食べる料理です。

別の角度から見るとこんな感じ。

お皿からはみでるくらいの結構な大きさです。
こちらはウタパム。
インド風のチヂミといった感じです。
オススメはチーズがたっぷりかかったやつ♪
まろやかさが出ます。
インド滞在中には北インドにも行きましたが、
共通して言えるのは、どこに行っても出される料理のほとんどがカレー味だということ(笑)
日本の醤油のような存在なんでしょうね。
さて、インドの食文化でもうひとつ興味深いのが「ベジとノンベジ」です。
インドでは宗教上の理由などでベジタリアンがとても多い国です。
街中のレストランでも(なんとケンタッキーでも!)ちゃんとベジタリアン用のメニューがありますし、
スーパーで売られている食品なんかも動物性の成分が入っていないことを示すマークがついてたりします。
プネ滞在中はランチは会社から支給されましたので
会社の食堂で現地のスタッフたちといつも同じものを食べました。
出されるカレーは豆やジャガイモなど野菜のみの料理です。
(私は若干もの足りない気もしましたが…)
このあたりもベジタリアンの人への配慮があるのかもしれませんね。

"Blog"の最新記事はこちら

ミャンマー便 featuring 映画「僕の帰る場所」レポート

ミャンマーの民主化クーデターが起こったのは2021年2月1日。今なお民主化を求める市民に対し、国軍による徹底した弾圧が続いています。抵抗する市民や少数民族の武装組織との衝突も全土に広がっています。今回は、その2月を忘れないため、2022年2月20日、映画『僕の帰る場所』の藤元明緒監督に「ミャンマーと私」をテーマにスペシャル対談をしていただきました。2021年7月のベトナム便Light featuring 映画『海辺の彼女たち』に続き、日本とアジアシリーズです。

レポート2022/4/9 LunchTripウクライナ便を行いました

2022/4/9 10:00−11:00、LunchTripウクライナ便を行いました。ご搭乗いただいた皆様、誠にありがとうございました。今回は、過去最高の141名という多くの方にお申し込みをいただきました。 プレゼンテー […]