フィンランド便のお礼

Dear LunchTrip Passengers,

日曜日はお忙しい中LunchTrip to Finlandに参加していただき、ありがとうございました。
お楽しみいただけたでしょうか?
マティ君の素敵なプレゼンテーションにて、フィンランドに関してのプラスマイナス両面からみることができたのではないかと思います。

みなさんの暖かい空気の中、ガイドマティ君もとてもお話ししやすかったようです。
以下の感想をもらいました。

“I really enjoyed the event, it’s very easy to come to talk when everything is oganised so perfectly, and you just have to walk in basically.
The concept is also really great and I hope I could participate your meetings in future too – is there any way you could stream them online for overseas audience?”

今回は「日本は、私たちはどうだろう?」と考えるワークショップ時間を取ることができませんでしたので、ここで少し。

フィンランドと日本は歴史的な深い絡みをもってきたわけではありませんが、
歴史上記録に残るほどの高度経済成長で生活水準を一気にあげ、教育水準を高く保つなどの共通点もあるように思います。

マティ君は最後に「フィンランドの若者にとって、今政治はsexy topicである」といっていましたが、
日本の私たちにとってはどうでしょうか。
個人的にはエジプト便にて大使の言葉を思い出していました。
「エジプトの若者も日本と同じだった。社会や政治とは別世界で生きていたが、革命で変わった。
だが、社会的満足度が高い日本では、(地震が起きても)同じことは起りにくいのではないか」

しかし、フィンランドでは生活水準が世界で一、二を争う高い国ですので、政治への無関心は生活水準の高さや社会満足度だけでは測れないのではないかと考えてしまいました。

"Blog"の最新記事はこちら

ミャンマー便 featuring 映画「僕の帰る場所」レポート

ミャンマーの民主化クーデターが起こったのは2021年2月1日。今なお民主化を求める市民に対し、国軍による徹底した弾圧が続いています。抵抗する市民や少数民族の武装組織との衝突も全土に広がっています。今回は、その2月を忘れないため、2022年2月20日、映画『僕の帰る場所』の藤元明緒監督に「ミャンマーと私」をテーマにスペシャル対談をしていただきました。2021年7月のベトナム便Light featuring 映画『海辺の彼女たち』に続き、日本とアジアシリーズです。

レポート2022/4/9 LunchTripウクライナ便を行いました

2022/4/9 10:00−11:00、LunchTripウクライナ便を行いました。ご搭乗いただいた皆様、誠にありがとうございました。今回は、過去最高の141名という多くの方にお申し込みをいただきました。 プレゼンテー […]