Taj Mahalへ!

ナマスカール!

LTCrewなぁほ☆@INDIAです。
インドのPUNEに2ヶ月間、研修できています。

LTPassengerかじかじと2ヶ月違いで訪印!
(かじかじのブログはこちらをチェック!)
ただいま、PUNEは雨季です。日本はものすごく暑いということですが、こちらは逆に曇りや雨の日が続いて涼しいです。

本日は海の日!日本は休日ですが、インドはもちろん休みじゃありません!
先週末3日間(金-日)でデリー・アーグラに小旅行に行ってきました。

7月15日は、インドは満月。
タージマハルでは、満月の日と前後2日間の計5日間、NIGHT VIEWといって夜特別に見ることができます。
そのときの様子を少し書きます。

事前に。
NIGHT VIEWは前日までに予約が必要!
私たちは、事前に旅行会社に頼んで、チケットを手配してもらいました。
チケットを手配するときに、パスポートNOや誕生日などの情報が必要でした。
入場料:750ルピー(昼間に入るときと一緒)
時間はこちらで指定できないらしく、私たちは、20:30-21:00の回でした。
人数は20人ほど。

当日。
30分前までに、チケット売り場に行くと、ポリス(!)がいて、NIGHT VIEWの受付をしているので、受付を済ます。
カメラはOKで、携帯は持ち込み禁止です。携帯でも写真を撮りたかったけどやむなく断念。。

受付を済ませて、8:20位に、バスにのってタージマハルの東門へ。

東門の前で厳重なセキュリティチェックを受ける。
タージマハルの門の前は昼間は勧誘でワイワイしていますが、夜はお店は全て閉まっていて静か。
ポリスにつれられ、タージマハルへ。
観賞場所に行くまでライトが照らされていますが、観賞場所につくと、一斉にライトが消され真っ暗。

こちらが、NIGHT VIEWでみたタージマハル。(真っ暗でぼんやりと・・・)

満月の光に照らされて噴水に映し出されたタージマハルが幻想的ででした。
しっかりと目に焼きつけてきました。
時間は30分と限られているけど、行ってよかった。

インドに行く機会がある方は是非!

"Blog"の最新記事はこちら

ミャンマー便 featuring 映画「僕の帰る場所」レポート

ミャンマーの民主化クーデターが起こったのは2021年2月1日。今なお民主化を求める市民に対し、国軍による徹底した弾圧が続いています。抵抗する市民や少数民族の武装組織との衝突も全土に広がっています。今回は、その2月を忘れないため、2022年2月20日、映画『僕の帰る場所』の藤元明緒監督に「ミャンマーと私」をテーマにスペシャル対談をしていただきました。2021年7月のベトナム便Light featuring 映画『海辺の彼女たち』に続き、日本とアジアシリーズです。

レポート2022/4/9 LunchTripウクライナ便を行いました

2022/4/9 10:00−11:00、LunchTripウクライナ便を行いました。ご搭乗いただいた皆様、誠にありがとうございました。今回は、過去最高の141名という多くの方にお申し込みをいただきました。 プレゼンテー […]