Вся правда о Мексико


ドーブリ ジーン!

Passengerの小泉献子です。


モスクワは4月初旬の大雪が嘘みたいに、最近は20℃を超える暑いくらいの日々が続き、夜も9時くらいまで明るいので、気分はすっかり夏です。

ところで昨日、友達に「知り合いがレクチャーするから一緒に聞きに行こう」と誘われて行ってみたら、そこはまさに、ご飯食べないランチトリップinロシア メキシコ便!とても嬉しい出会いだったので早速レポートします。




ガイドしてくれたのはマリア・オレネバ(以下マーシャ)。彼女はメキシコをヒッチハイクで一周した後、ユカタン半島カンクンでガイドなどの仕事をしながら二年程現地で暮らしていたそう。
ランチトリップと同様、まずは主催者が会の概要・目的などを簡単に説明し、レクチャーは地理的な導入からはじまり、写真を見ながら「Вся правда о Мексико(メキシコの真実)」というテーマで進められました。
– メキシコ人はどんな人?(容姿、性格、教育、仕事)
– マヤ文明の神話、2012年人類滅亡説?!
– メキシコとサボテン(笑)
-もちろんメキシコ料理についても
– レモン、塩、ワーム入りテキーラ!!
-メキシコの治安本当に非常に悪い?

マーシャがメキシコ北部の人、中心部に住む人、南部の人のそれぞれのしゃべり方の癖をロシア語で例えてマネしていて、大爆笑を誘っていたのが印象的でした。



休憩の後は質問タイム!
一時間強のマーシャのガイドで、私を含めみんなメキシコに行きたくなってしまったようで、実用的な質問が飛び交っていました。ビザー入国の経路、ホテル、交通手段、食べ物等の物価、携帯、インターネットについて、住居や仕事について、医療についてなどなど。

正直、ロシア語あまりよく分からなかった部分もあるのですが、スタイル抜群のエネルギッシュなロシア美女とメキシコのキレイな写真を見てるだけでも楽しいひとときでした。
ロシアも今連休中なのですが、旅行の予定がない私は空想で我慢。
では、アディオス!

"Blog"の最新記事はこちら

ミャンマー便 featuring 映画「僕の帰る場所」レポート

ミャンマーの民主化クーデターが起こったのは2021年2月1日。今なお民主化を求める市民に対し、国軍による徹底した弾圧が続いています。抵抗する市民や少数民族の武装組織との衝突も全土に広がっています。今回は、その2月を忘れないため、2022年2月20日、映画『僕の帰る場所』の藤元明緒監督に「ミャンマーと私」をテーマにスペシャル対談をしていただきました。2021年7月のベトナム便Light featuring 映画『海辺の彼女たち』に続き、日本とアジアシリーズです。

レポート2022/4/9 LunchTripウクライナ便を行いました

2022/4/9 10:00−11:00、LunchTripウクライナ便を行いました。ご搭乗いただいた皆様、誠にありがとうございました。今回は、過去最高の141名という多くの方にお申し込みをいただきました。 プレゼンテー […]