LunchTripマダガスカル大使館便レポート

7/7 土曜日 LunchTripマダガスカル大使館便が、広尾のマダガスカル大使館にて行われました。
今回はfacebookでの招待は基本的に行わなかったのですが、マダガスカル航空様のページに載せていただいたこともあり、早期に満員御礼となりました。
こんな風にアップしてくださっているPassengerも…嬉しい!
さて、会場について早めについているとなんと大使館のかたがマダガスカルの衣装(というか布)を用意してくださっていました!
わーい。
さっそく着てみるCrew二人。妙に似合うといわれるというか、私服と思われていたようですが、しかしこれは衣装です!
カメラマンよこいちくんと一緒にぱちり。 


プログラム順におさらいです!
①LunchTripの紹介 
②Madagascarの紹介
マダガスカル大使館観光担当sederaさまよりご紹介いただきました。
なんと、今回はクイズとその商品付き!
マダガスカル航空様、ありがとうございます。
(写真は後日///)
③ワークショップ
今回はかなりかなりかーなーり、手のこんだレジュメを6名のマダガスカル人がそれぞれ作ってきてくれました。
予めお聞きしていたPassengersのみなさまの興味にそって議論を進める。
全く予想がついていないマダガスカルについて、何が共通点か、何が違う点か、面白い発見はあるかなどをそれぞれグループで聞いたことを話し合い、発表していただきました。
発表者にはマダガスカル航空のクラフトが!レア商品でもう未販売らしいです。
発表者さまおつかれさまでした♫
④ダンス
マダガスカルでは、どんなパーティでも食べる前にはダンスをするのが常識!
ということで、男女ペアになり、ぐるっと部屋を一周回ってみました。
中学校以来の社交ダンスみたいで恥ずかしい?大丈夫。簡単で、すぐに覚えられます。
音楽が速くなったり遅くなったりするので、笑いながらできます。
みんなの顔もほっくほく!
(写真は後日///)
⑤ランチ!
もう14時。ふーおなかへったー!
みんないい匂いでそわそわしていたのですが、やっとこさランチです。

マダガスカルの家庭料理をメインに揃えていただきました。
ちなみに都内にはマダガスカル料理店はございませんので、つまり、とてもレア!
これについては農林水産省に勤めるPassengerさんが的確にまとめてくださっていましたので
引用させていただきます。
マダガスカルr料理〜inマダガスカル料理

アフリカ大陸に(ほぼ)隣接する島国「マダガスカル」
アフリカ色強いワイルドな料理を予想もなぜかアジアンテイスト色濃い料理でかなり日本人好み!
現地の方も肌の色薄いし、アジアの人とあまり変わらない。(それにめちゃくちゃフレンドリー!)

(豆知識)
マダガスカルではお肉の価値チキン>ぶた>ビーフ
の順だそうです。ゼビュー(コブ牛)が非常に安価で
低所得そうでも日常的に消費されているとのこと。
濃厚飼料・粗飼料この2種類を供給する手間、また大食漢で最もエサ代がかかるのがビーフなはず。それなのにビーフが最安価。

日本での常識が他国の常識と相違する貴重な経験です^^;
そして名物マンゴーのケーキまで登場。これは打合せにはなかったのでCrewもびっくり。

シェフの皆様、おいしい料理をありがとう!
みなさんのお気に入りはいかがでしたか?私も↓でした!

その他にもFBに載せていただいたコメントを引用させていただきます。

当日は、森下くん/ところさん/ななちゃん/ななちゃん/めぐちゃんが早めにきてくださり、受付や会場設営のお手伝いをしてくださって成り立ちました。ありがとう。
また、マダガスカル航空の方々、大使館の方々、マダガスカル協会の方々の協力なしには開催できませんでした。
改めて御礼申し上げます。
そしてもちろん、Passengersの方々が着てくださるからこそ楽しくlunchtripできました。
Merci!
翌日早速下記のようなブログをかいていただきました。
よこいちくん、ジュンさん、ありがとうございました。

 よこいちくんの451 daily log

ジュンさんのやってみた。ブログ

両方ともとても面白いので、みなさんも見てみてくださいね!
*今回はfacebookにあげていただいたコメントや写真を主に使っています。
写真は後日!楽しみにしていてくださいね。


"Blog"の最新記事はこちら

LunchTripオンライン-フィジー便レポート

2020年8月23日(日)に、LunchTripフィジー便〜幸福度上位の南国から教わる”幸せの習慣”:ニューノーマル時代の幸せライフデザイン〜を、今回もオンラインにて開催しました! お迎えしたガイドは、フィジー在住の永崎 […]

10/4 LunchTripニューヨーク便 レポート

■ニューヨーク便ができるまで ニューヨーク便のきっかけは、とある活動のオンラインイベント開催で一緒に運営したこと。普段はニューヨーク界隈にお住まいの方々向けに開催しているものだったため、コロナ禍なければ、もしかしたらオン […]