タンザニア便のフィードバックアンケート結果公開!

DEAR PASSENGERS、

タンザニア便ご搭乗の皆様、アンケート回答ありがとうございました!
ここではアンケート結果を一部公開いたします。
みなさんどうタンザニアのイメージが変わったのか、ワークショップで何を得たか、LTの感想をお聞きしました。それではどうぞ♫

Q.本日のイベントに参加された後のタンザニアの印象を、参加される前の印象と比較して教えてください。

とても自然がきれいで人がおだやか。いきたくなりました!

マサイ族という共通点で、ケニアと類似の印象を勝手に持っていましたが、「ケニアとは違う」という彼らの強いプライドが印象的でした。国境の持つ意味について。アイデンティティを形成するのは何か。考えさせられました。

あんなに綺麗な場所だということ、治安が良いという事を知らなかったので、とても行ってみたくなりました。

安全性については、大きく印象が変わりました。

思っていた以上に皆さんが明るくてオープンマインドであること

タンザニアはまだケニアほどは開発されていなくて、観光にも行きにくいイメージがありましたが、かなり観光にも力を入れていることがわかり、アクセスも便利になっていることがわかりました。大使のタンザニアをアフリカと思わないで欲しいというメッセージがとても印象的で、タンザニアの人々のアイデンティティの強さが心に残りました。

タンザニアが比較的治安がよいので旅行先の選択肢として入ったこと。ワークショップは教育だったため、タンザニアの教育事情が詳しくしれて日本との比較もでき日本の豊かさを改めて実感しました。とてもいい経験になりました。

国としての課題意識を持って改善したいという強い想いが伝わってきた

参加前は、アフリカの一国程度の認識しかなく
どういう国なのかについて、ほとんど
知っていことはありませんでした。
参加して、牧歌的で陽気で親しみやすい人々がいること
平和で自然が溢れる素晴らしい国だということが
わかりました。
一度訪れてみたいと思いました!

タンザニア=アフリカというイメージで、タンザニアを一つの国として意識していなかったことに気づきました。タンザニア自体ユニークな国で自然豊かな国というイメージに変わりました。

普段暮らしているとタンザニアに関する情報がほとんど入ってこないため、参加する前の印象ってものがそもそもなかったです。
ニュースで出てこないってことは、少なくとも悪いことはあまり起こっていないって印象。
参加してみて、現地の情報を知り自然が豊富、経済も好調でアフリカでも平和な国であることが知りました。

先週、食い旅193カ国が主催するアフリカスタディミーティングに参加しました。そこでタンザニアに留学した人の話をききました。そこで初めてタンザニアという国を知り、自然豊かな農業の国で、機械化されていない農作業が多いことを知りました。
今回のランチトリップでは、農業以外の産業についてと100以上の部族がいるにもかかわらず平和な国であることを知りました。
アフリカ全体の資源と争いの状況を知り、タンザニアの状況と比較してみたくなりました

Qワークショップで印象的だったことは何ですか。

人生で必要なことは学校で教えるところ。

日本語と同じような単語がスワヒリ語に沢山あり、面白かったです。
また、個人的には結婚の際に牛をプレゼントするという慣わしも印象的でした。

教育について、直接タンザニアの方からお話が聞けたことが大きかったです。
具体的には、教育システムなどを伺うことができたことが興味深かったです。

クイズの内容がどれも面白かったし、新しい知識を得ることができた

異なる部族間での結婚は難しいのかと思っていましたが、意外にも本人の意思が尊重されるとのお話でした。またタンザニアは拡張家族といって、叔父、叔母、甥、姪、いとこ、はとこ、など日本では親戚と言われる存在も全て家族となり、お互いに面倒を見る義務があるというお話を聞き、大家族の温かい生活が想像できました。日本ではモンスターペアレントや児童虐待、子育てノイローゼといった問題がありますが、これらの問題解決のヒントは拡張家族にあるかもしれません。

小学校でタンザニアは音楽の授業がないのがイメージと反していたので印象的でした。新しい発見がありよかったです。

言語グループでした。
国の中で、100以上もの言語が存在していて
統一するために、スワヒリ語があるということに
驚きました。
インドに行った時にも感じたことですが、
ダイバーシティに富む国は文化も、豊だと感じました。
それにしても、ローカルと公用語で小さいときから
両方を使いこなすってのは、日本人の自分からすると
純粋にオドロキです(笑)

タンザニアの人たちがフレンドリーだったこと!なのでとても楽しめました。

スワヒリ語の母音は日本語と同じで、書いた言葉をそのまま発音すればいいことに印象を受けました。
日本語と同じ言葉あることも興味ふかいです。

Q.本日の感想、ご意見などございましたらお願いします。

大使館でのイベントは現地の方の比率が多いので色々なお話が聞けて良いですね!レストランでのイベントはよりカジュアルで、ぶっちゃけトークも出来るので、それぞれ違った良さがあると思っています。

歌やダンス、衣装が今回のようにあるとだいぶ打ち解けるきっかけとなって良いかと思います。お酒があったのも良かった一つの要因かもしれないです。本当に楽しかったです。次回もよろしくお願いします。

タンザニアを知るいい機会になりました!ありがとうございました☆

初参加でちょっと不安でしたが、とても楽しかったです。
タンザニア大使館員のみなさんや留学生たちとの交流もでき、タンザニアの印象がとても良くなりました。
また機会があれば参加させていただきます。

"Blog"の最新記事はこちら

LunchTripオンライン-フィジー便レポート

2020年8月23日(日)に、LunchTripフィジー便〜幸福度上位の南国から教わる”幸せの習慣”:ニューノーマル時代の幸せライフデザイン〜を、今回もオンラインにて開催しました! お迎えしたガイドは、フィジー在住の永崎 […]

10/4 LunchTripニューヨーク便 レポート

■ニューヨーク便ができるまで ニューヨーク便のきっかけは、とある活動のオンラインイベント開催で一緒に運営したこと。普段はニューヨーク界隈にお住まいの方々向けに開催しているものだったため、コロナ禍なければ、もしかしたらオン […]