11/18パキスタン大使館便レポート

1118日日曜日、広尾のパキスタン大使館にてLunchTripパキスタン便を行いました。

今回のガイドは次席のAli Asado Gillani氏。

パキスタンの歴史、観光名所、文化、などについてお話しいただきました。

QAでは、ここでしかない政治的な質問を優先的に。
–お札にはジンナーさん以外のはなぜか
反米感情はどこから来るものか
オバマ大統領に期待する事は
–マララさん襲撃事件に関して国民の反応は
マララさん事件後に世界の信用を取り戻すには

ここでGilaniさんはお帰りなので、一度集合写真を。

その後は丸テーブルにわかれ、ワークショップ。
各トピックについてパキスタンの学生に教えてもらったりQ&Aをしたあと、
各チームでパキスタンの魅力をトピックに沿って伝える旅企画をしていただきました。

もちろん最後は発表していただきます。どのグループの旅行が一番調べてあり、面白そうかな?


パキスタンについての情報は日常で触れられる分は限られているため、

国イメージそのものがなかったという方も多かったかもしれません。
あってもネガティブな情報はニュースばかり。
パキスタン人と実際に話すのは初めてという方も多かったと思います。
最後はもちろんLunch!


などなどなど。。。!この他、デザートやごはんものもありましたね。

ちなみに飲み物はマンゴージュースでした。パキスタンのジュースは宮崎産のより美味しいかもよ!と大使次席。

今回のLunchTripで実際にパキスタン人とお話して、イメージが変わったと感じていただければ嬉しいです。

それではアンケートでいただいた、みなさまの感想をシェアしますね☆

LunchTrip前から後のイメージの変化
-詳しく知らずに、危険、という認識があり、全く旅行先対象に入れておりませんでしたが、機会があれば行ってみたい、という認識に変わりました。
-パキスタンは、宗教は違っても”インド”と同じような国だろうと思っていあした。
しかし、歴史、政治感、ファッション、音楽、食を短い間だけでも知ることができ、パキスタン独自の文化をもったとても興味深い国となりました。
-参加前は、パキスタンについてイスラム国の一つという印象しかありませんでしたが、仏教との関わり、少数民族への視点、女性の活躍等これまで知ることのなかった側面があることが分かり新鮮な印象を持ちました。
-予想よりも、イスラム教徒を強く感じることがあまりなかった。(長く行動をともにすると、そういうわけでもないと思うが)
-パキスタンは、参加する前は怖い国だと感じていましたが、その国の学生や大使館スタッフと話して、とてもフレンドリーに感じ、料理も本当に美味しくて、パキスタンに行ってみたい!、自分の目で見て見たい!と感じました!
-正直、参加する前はパキスタンて、暑いか寒いかもわからなかったです。
でも参加して、パキスタンの人たちがどんな風に国内外のことを考えているのか、素晴らしいところを発見できた気がします。
それと個人的には、アレキサンダー大王のファンなので、そのアレキサンダー大王が残した子孫の皆さんのことを知ることができ、すっごく嬉しくなりました。
-パキスタン大使が時間を超過してでも、日本の人に国を知っていただきたいという、想いに溢れているのが、伝わり、他のパキスタンの方々も知性にとんで気さくな方々が多かったです。未知の国でしたが、わかったというよりこれから調べてみたく、行ってみたくなりました。
-民族間の紛争が多く、とても閉鎖的なイメージを持っていました。
しかしプレゼンテーションやパキスタンの方々との会話から、
民族の多様性からさまざまな文化が発展していて見所がたくさんあること、
変化に寛容な方のほうが多数派で親日的な国であり、少数の過激派によってイメージが損なわれてしまっているという印象に変わりました。
まだ旅行に行くのは難しい国ですが、いつか訪れてみたいと思います。
-バキスタンという国は危険なイメージでしたが、むしろとても親切な温かい方たちばかりで、とても親しみを覚え、ガラリとイメージが変わりました。一部の過激な人々のイメージだけが先行してしまうのはとても残念に思います。
-危険なイメージが強かったのですが、観光地も多く、そして食べ物がとっても美味しい国だということがよくわかりました。大使館の方も学生の方もみなさんとても冷静に客観的に愛情をもって自分の国を見ていることが印象的でした。
ワークショップで印象的だった事
-直接パキスタンの方とお話できたこと。
男性と女性の立場の違い文化などを、少し知ることができたことがとても良かったです。
-国がどうとかではなく、人間大切なものは共通なんだなぁと改めて思いました。
-Q&Aの時間での質疑応答が、本当にタブーがない真剣なやりとりで印象的でした。
-留学生の女性が自分のことや家族や両親のことを日本語で話してくれたのが印象に残りました。
-クラブかな(笑)うちのグループは、旅行だったんですが、パキスタンに行ったことある女性がいました。コーチサーフィンで現地の人と仲良くなって、クラブ行ってたそうです!パキスタンにもクラブがあるんだ!!!って、驚きました(笑)相当楽しかったみたいですが、世界の流行り音楽なら、ロンドン、ニュヨーク、イビサ、、とか、世界でどこでも楽しめるけど、パキスタンならではで何かあるのか、もう少し聞けば良かったです(^^;; 食について、肉料理から、魚料理までたくさんあって、パキスタン料理に惹かれたのも、今回の大きな収穫です(^o^)
-みんな真剣にパキスタンのこと、日本のこと、世界のことを考えている姿に感銘を受けました。特に東大に在籍されているパキスタン人の女性と直接話したことで、やはり地球に国境はないと再認識できたのが嬉しかったです。
-かなりツアーにしたてあげるのは、強引でした。
しかし、切羽つまって案外強引になったことで、掘り下げて聴くことが(質問が抽象でなくなった) できました。私のグループは新婚さんからお話を聴けてハッピーオーラいただきました。
-短い時間でまとめるのは難しいと思ったほどにパキスタンの見所をたくさん感じ、興味が湧いたこと。
-パキスタン人男性は四人まで結婚できると下調べしていったが、実際には2人以上のひとと結婚している人はほとんどいないといこと。結婚式は3日間続けて行うということ。
-1週間も結婚式をすることに驚きました。
全体的な感想をいくつかとりあげます。
-パキスタン人は優秀な方が多い!のか、みなさん頭のきれるかたばかりで非常に驚きました。パキスタンの学生さんがたくさんいらして、とても楽しかったです☆民族衣装も着れて大満足。ランチも美味しかった!ランチトリップやこういうところでの個人的な小さな繋がりが世界平和にも繋がっていくのだと本気で思います。大満足の会をどうもありがとうございます。
-その国の方と直接お話しでき、どんなことを考えているのか、その文化は、など、
いろいろ垣間見ることができ、大変勉強になりました。
ありがとうございました。

"Blog"の最新記事はこちら

LunchTripオンライン-フィジー便レポート

2020年8月23日(日)に、LunchTripフィジー便〜幸福度上位の南国から教わる”幸せの習慣”:ニューノーマル時代の幸せライフデザイン〜を、今回もオンラインにて開催しました! お迎えしたガイドは、フィジー在住の永崎 […]

10/4 LunchTripニューヨーク便 レポート

■ニューヨーク便ができるまで ニューヨーク便のきっかけは、とある活動のオンラインイベント開催で一緒に運営したこと。普段はニューヨーク界隈にお住まいの方々向けに開催しているものだったため、コロナ禍なければ、もしかしたらオン […]