Lunch Trip × 二枚目の名刺 プロジェクト第2弾 スタート!

夏の終わり8/31 (まだまだ暑いですが)、Lunch Trip × 二枚目の名刺 プロジェクト第2弾のキックオフが満を持して開催されました。

前回プロジェクトに引き続き、ミーティングレポートにブログ投稿することになりました。初回キックオフミーティングは今回の第2弾プロジェクトのリーダーを務めさせてもらうことになりました、鈴置がお送り致します。

前回プロジェクトのミーティング(最終)レポート
 No.6 (http://www.lunch-trip.blogspot.jp/2013/04/47-lunch-trip-x-6thmtg.html)

NPO法人 二枚目の名刺

8/31(Sat)、夏も終わりだというのに猛暑日となった東京の京橋にある某ワークカフェ(とってもオシャレ)に、Lunch Trip クルーのAmi&Nahoに加え、プロジェクトクルーの10名、計12名が集まってキックオフミーティングが開かれました。(Lunch Trip クルーのKyokoは世界周遊中)

今回のプロジェクトの目標・ゴールは、「Lunch Tripという活動・組織に安定した財務基盤をつくり、持続可能な活動にしていくためのプラン=収益化プランを策定し、策定したプランを実行に移すこと」です。もうちょっと簡単に言うと「Lunch Tripをもう少し経済的に安定した活動・組織にしていこうよ」ってことです。

キックオフとなった今回のミーティングでは、

  • プロジェクトの目標・ゴール、前回プロジェクトの成果、および、これからのプロジェクトの進め方などについてシェア
  • 各種担当・役割分担決め

等を行った後、早速、収益化プランのアイデア出しをするためのブレストチームを編成し、ブレストをスタートしました。ブレストは3名ずつチームに分かれ4チームでスタートしました。

各チームのブレストは非常に熱く盛り上がりましたが、会場の時間の関係で18:00で終了。次回9/14(Sat)のミーティングまで各チームでブレストを2週間続けます。(メール、チャット、TV電話などを駆使)

キックオフミーティングの後は近くの居酒屋に場所を移してLunch Tripについて意見交換したり、ブレストの続きをしたりしながら、Lunch Tripクルー&プロジェクトクルー達の交流を深めました。(土曜の夜だというのに出席率が高い、高い)

そして、次回ミーティングで各チームのアイデアを持ち寄り、収益化プランの方向性を絞り込んでいく予定です。2週間後の次のミーティングが今から非常に楽しみです。

さて、さて、以下、私事ですになりますが、、、

今回このプロジェクトに参加することになったきっかけは、二枚目の名刺のCommon Room in Summerに参加したことでした。個人でボランティア活動には参加していたのですが、チーム(プロジェクト)で社会貢献活動に参加したいという想いがあってのことです。

そこで、Lunch Tripに出会い、3人のクルーの魅力と、楽しみながら社会貢献活動をしていることに共感し今に至る・・・というわけです。

プロジェクトがスタートしてみて(実はすでにLunch Tripクルー3人や二枚目の名刺のスタッフ、プロジェクトクルーとは何度か顔合せしているのですが)、Lunch Tripの理念・想いに賛同し、社会や異文化交流に楽しみながら貢献しよういう意識の高い人達とチームを組んで活動できることにとてもワクワクしています。また、様々な領域・分野で活躍されている人達がプロジェクトに集まっていて、普段は味わえないような刺激を受けています。

皆、仕事を持ちながら限られた時間を使い、短期間のプロジェクトに参加しているのですが、それぞれが志高く、爆発的なパワーを発揮してくれそうで、素晴らしい成果を出せるだろうと確信しています。

私自身も楽しみながら、全員でLunch Tripをもう一段上のステージに引き揚げたいと思っています!今後のレポートにご期待下さい。


【追記】

Lunch Trip イラン大使館便、静岡第2便~インド~の開催も発表されていますので、興味をお持ちの方、是非搭乗をお待ちしております。

"Blog"の最新記事はこちら

LunchTripオンライン-フィジー便レポート

2020年8月23日(日)に、LunchTripフィジー便〜幸福度上位の南国から教わる”幸せの習慣”:ニューノーマル時代の幸せライフデザイン〜を、今回もオンラインにて開催しました! お迎えしたガイドは、フィジー在住の永崎 […]

10/4 LunchTripニューヨーク便 レポート

■ニューヨーク便ができるまで ニューヨーク便のきっかけは、とある活動のオンラインイベント開催で一緒に運営したこと。普段はニューヨーク界隈にお住まいの方々向けに開催しているものだったため、コロナ禍なければ、もしかしたらオン […]