2月23日 11:30−14:30 LunchTripセルビア共和国大使館便 レポート

2014年2月23日(日)

CAの格好をしたCrewsと旅好き食好きのPassengersが海外にTripするLunchTrip。
今回は駐日セルビア共和国でLunchTripセルビア大使館便を行いました!
今回の便はなんと募集を開始して1時間で満席に。
Passengersの皆さんの期待の高さをひしひしと感じましたが今回も期待を裏切らない素敵なTripだったのではないでしょうか。
Passengersを代表して学生旅人ゆーきが早速レポートを始めていきます。
1.在日セルビア共和国臨時代理大使閣下ネナド・グリシッチ氏のあいさつ

「日本ではセルビアあまり知られていないがセルビアでは日本が広く知られている、今回の便を通してセルビアについてよく知ってもらいたい」となんとすべて日本語であいさつしていただきました。
さらに今回の便を開催したことへの感謝の言葉までいただきました。感激です。



余談ですが大使と目が合ったので微笑んでみたら、素敵な微笑みを返していただけました。


2.大使館職員によるセルビア共和国ガイド
3名の大使館職員の方にセルビアをガイドしてもらいました。
セルビアの基本情報から主要な観光地、おすすめの店まで。
これで今回のPassengersの皆様もセルビア通です。
セルビア美男子のネマニャさん。日本語もペラペラです。
民族衣装がお似合いの美人秘書ティアナさん。
そして最後にセルビアと日本の関係について説明していただきました。
日本がセルビアに対してかなりの支援をしていたことも初めて知りましたが、それ以上にセルビア人がかなり東日本大震災後の支援をしていることに驚きました。
セルビア留学経験があり、さらにセルビア美人の奥様がいる小柳津さん。うらやましい。
日の丸一杯のメッセージ
LunchTripセルビア便が開催されなければ知らないままだったので、今回知ることができ非常によかったです。
3.セルビア共和国PRワークショップ
①教育と家族②スポーツ③音楽④食事⑤ファッションの5つのテーマでグループをつくりそれぞれどうやってセルビアをPRするか考えました!
各グループにセルビア人にセルビアのついて教えていただきながら楽しい時間。

英語で話し合うグループもちらほら。

そしてグループごとにPR方法を発表。

なんとセルビア人の男性と結婚されているPassengersの方も。

発表の後には大使閣下からユニークで面白いとの感想もいただきました!
4.セルビアの家庭料理でLunch
そしておまちかねのLunchの時間です。
今回のメニューはこちら
セルビア風ピクルス

ほうれん草のケーキ

2種のエッグカナッペ

茄子とじゃがいものムサカ

ウーヌティプチ(セルビア風揚げパン)

ラズベリーヨーグルト


このヨーグルトは砂糖が使われてないのにラズベリーの甘さだけで美味しい





全てセルビアで日常的に食べられている家庭料理です。


セルビア料理は乳製品が多く使われてます。
カルシウム不足の心配はありません。
大量の料理もすごい勢いでなくなっていきます。








実はこの後ろの絵今回参加してくれたセルビア留学生のマリヤーナさんが描いたものなんです。
日本画とセルビア画の融和。素敵です。


Passengersの皆様も食事をしながらセルビアの話で大盛り上がり。
セルビア人スタッフは常に人に囲まれていて大人気でした。
今回の料理はFoodistLinkの高田大雅さんにLunchTripのために特別に作っていただきました。

大雅さんはケータリングのサービスでセルビア共和国大使館にもよく来られていて、実は今回セルビア共和国大使館とつないでくれたのも大雅さんなんです。

セッティングから当日の料理まで本当にありがとうございました。今回の料理も本当に美味しくて準備していただいた皆様に感謝の言葉がつきません。

ごちそうさまです!!









Passengersの皆様はこんなすてきな感想を。


セルビアのイメージが変わった方は、どのように変わりましたか?
紛争があるから治安が悪そう、という主観的なイメージで避けてしまっていました。

が、セルビアの生の声を聞いて、いろいろな民族の文化がまざりあっていることや、ユーモラスで親日な空気があることを知り是非訪ねたくなりました。

今まで情報が無く、wikiなどて調べたよりも、現地の人と交流し、話を聞いていて、みなさんユニークで明るく、フレンドリー差が文化を物語っていました。

今回の便全体を通して、印象的だったことをご記入ください。
セルビアだとクリスマスが1月に実施されること。伝統衣装が40種類以上もあること。北海道ほどの大きさの土地にそれだけ多様な文化があることに驚きました。

セルビアというと、紛争など暗いイメージだったのですが、大使館の方々をはじめ、皆さんとても気さくでユーモアがあり、明るくてフレンドリーな国民性というのが印象的でした。


などなど。
Passengersの皆様がセルビアについて知ることができたみたいで本当によかったです。
僕個人の感想になりますが温泉、四季、ホスピタリティなどセルビアは日本に非常に似通った性質があると感じました。
日本でもこれから人気が出るのではないかと思います。
今回の便がきっかけでセルビアに旅行する人いたら嬉しいですね。


そして最後は恒例のLunchTripポーズで記念写真♪








さて終わる前に今回のレポートを書いた僕の紹介を少しだけ。
旅好き大学生の堀口雄貴です。
旅を通じて子どもと世界をつなげる活動をしているNPO法人Connection of the Childrenの理事もしています。
ちょこっとだけ宣伝、、、https://www.facebook.com/coccoccoc
僕は旅をテーマに世界を広げてる活動をしてるので、食をテーマにして世界を学ぶLunchTripの活動に共感して参加しました。
過去の搭乗は2月9日のミャンマー大使館便です。
学生にもLunchTripを広めていきたくていろいろと協力したいなと思っています。
これからちょくちょく搭乗しますのでPassengersの皆様よろしくお願いします。
写真はティアナさんと。民族衣装可愛らしいです。












僕のセルビア便感想。
セルビア人の皆様の笑顔が本当に素敵でした。
日本人はセルビアに暗いイメージを持っているが人が多いだろうけど一回行けば絶対変わりますね。
温泉や四季があったり、おもてなしの心に溢れているセルビアは日本人には居心地がいいのではないのでしょうか。
美男美人が多いのもポイントです。
セルビアと日本のつながりをもっと発信していきたいですね。


以上でレポートは終わりです。
今回の便を開催する上でいろいろと準備していただいた駐日セルビア共和国大使館の皆様本当にありがとうございました。
セルビアと日本の関係がますますよくなることを期待しています。


Passengersの皆様今回は搭乗ありがとうございました。
次の便は3月6日のニュージーランド便です。
皆様の搭乗お待ちしています。
最後に料理を作っていただいた高田大雅さんのFoodistLinkとセルビア共和国大使館のリンクを貼っておきます。
興味がある方はぜひ覗いてみてください♪
FoodistLink
駐日セルビア共和国大使館










"Blog"の最新記事はこちら

10/4 LunchTripニューヨーク便 レポート

■ニューヨーク便ができるまで ニューヨーク便のきっかけは、とある活動のオンラインイベント開催で一緒に運営したこと。普段はニューヨーク界隈にお住まいの方々向けに開催しているものだったため、コロナ禍なければ、もしかしたらオン […]