LunchTrip 6 years Anniversary!! 観光庁若旅事業関東ブロック賞受賞 と今後の動き

2014/6/14   LunchTripは6周年を迎えました。
2014/6/18   観光庁若旅事業 関東ブロック賞をいただきました!!

初めてのミーティングは2008/6/14。

最初はナホに旅.食.学のアイディアを話そうとお茶の予定していて、
その前に偶然ランチしてた恭ちゃんも旅友だったので、直感的に「合いそう」と思い、そのまま連れていきました。
2人はそこで初めて出会い、その時から3人意気投合。
みんなに助けてもらい、気づけば6年経っていました。

たくさんのレストラン、大使館、
ガイドのみなさん、
コラボをしてくれた会社や団体のみなさん、
プロボノ等でサポートしてくれた皆さん、
そして何より、明るくて聡明で旅と食が大好きなpassengersの皆さんのお陰で
ここまで続けてこれました。

初回カンボジア便

ありがとうございます。

2008年に小さく小さく始まったLunchTripは、
レストランでの「ガイドが語る」便を基本としています。

そのなかでも、毎年、スペシャルな出来事がたくさんあります。
2009年に三菱商事さん、Table for Twoなどの初のコラボ便をはじめ、
2010年にエジプト大使館で初の大使館便、
2011年には福岡開催が立ち上がり、
2012年にはビジネス向け開催、大阪開催が立ちあがり、
2013年には沢山のメディアに取り上げていただき、静岡開催もはじまりました。
2014年には内閣総理大臣夫人の搭乗もありました。

(その他軌跡については、こちらをご覧下さい。http://www.lunch-trip.com/home/past-activity

2014年、
LunchTripは新たなチャレンジをしています。

ひとつは、LunchTrip for children。
現在は限定された保育園ですが、将来は多くの教育機関でも行いたいしていきたいと考えています。
今までのLunchTrip for childrenの様子↓
オーストラリア便 http://lunch-trip.blogspot.jp/2014/05/blog-post.html
ネパール便 http://lunch-trip.blogspot.jp/2014/06/blog-post.html
ブルキナファソ便 http://lunch-trip.blogspot.jp/2014/06/blog-post_5.html
(主にKyokoが担当しています)

また、
ラオスでの日本便プロジェクトも進んでいます。
こちらは、LunchTripcrewだけでなく、Passengersさんと行くツアーです。
(主にNahoが担当しています)

さらに、心ある方にお助け頂きながら商標登録を進ませています。
また、冒頭の通り、最新のニュースとして 国土交通省観光庁長官賞 若旅の表彰をいただきました!!
初めて政府からもらう公式な賞です。とても嬉しい気持ちです。
お陰さまで、広報活動も好調です。
表彰式では、マスコミ各社の皆様の取材申込みをお待ちしております。
6/25(水)14:00~15:00 中央合同庁舎2号館 16階 国際会議室にて 
観光庁のサイト(http://www.mlit.go.jp/kankocho/news05_000181.html)に掲載中。
(主にAmiが担当しています)

今こうやって出来ているのは、
各便(各イベント)に、Special Crewと呼ばれるプロマネ達や、
ビデオを作ってくれたり、言葉をまとめてくれたりするプロボノがいるからです。
仕事しながら3人で全て回すなんて到底できません。
また、大阪のCrewsの継続性はすごいです。
東京でプロボノをしてくれたコが、大阪でCrewをしてくれたり、
大阪で搭乗したという方が東京でも搭乗してくれたり、、、
国内の交流も生まれて来ています。
今後も、もっともっと沢山の方にLunchTripに御搭乗いただき、
美味しい異文化理解の場を目指します。

美味しい笑顔は、世界を好きになる直行便(^o^)/* 

"Blog"の最新記事はこちら

LunchTripオンライン-フィジー便レポート

2020年8月23日(日)に、LunchTripフィジー便〜幸福度上位の南国から教わる”幸せの習慣”:ニューノーマル時代の幸せライフデザイン〜を、今回もオンラインにて開催しました! お迎えしたガイドは、フィジー在住の永崎 […]

10/4 LunchTripニューヨーク便 レポート

■ニューヨーク便ができるまで ニューヨーク便のきっかけは、とある活動のオンラインイベント開催で一緒に運営したこと。普段はニューヨーク界隈にお住まいの方々向けに開催しているものだったため、コロナ禍なければ、もしかしたらオン […]