LunchTripラオスツアー「最終日」振り返り Part2

LunchTripラオスツアー「最終日」振り返り Part2です。
Part1はこちら


食後、参加者との交流は、クイズ形式の日本についての問題。
ここでまたガイドのリーさんの大活躍!リーさんの通訳があって大助かり。
まず、一番バッターのちはるさんは「食」をテーマにもち米つながりで「お雑煮」「味噌」の問題。
  
はぜちゃんは漢字の問題。 林の上に森を書いて木が5個で「ジャングル」。   みなさん知ってました?
あみちゃんは「着物」の問題。「伝統的な着物が日本では限られた時にしか着られていないけれど、ラオスでは伝統衣装を日常的に着ていて、とてもステキ!」と話したところ参加者全員から大拍手!!
  
私(小松)は堅めに大学生の就職率と柔らか目のトイレのウォシュレットについて。
  


最後はじゃんけん大会で、アップルちゃんが賞品の手拭いをゲット!
      
              
みんな楽しそうで、終了しても、もうしばらく居たそうな感じでした。
なほさんは直前まで「誰も来なかったらどうしよう。。」とすごく心配していましたが、結果は予定より人数も増え、全員笑顔で大盛況でした。

とにかく初めての海外での日本便、大成功!!!

やりきった感満載でビアラオで乾杯!!   おいしかった~~
  

夜20:00発の飛行機までに時間があったため、皆でビエンチャンで一番古い小乗仏教のお寺を訪ね、なほさん、はぜちゃんは、おみくじをひいて『幸せ』の確認。
     
残りわずかな時間でお土産のもち米を買って、さらにスーバーマーケットで買い物をして、ホテルへ。
*なほさん、ちはるさんはスーパーマーケットで売っていた体重計5個に一つ一つ乗って何かを確認していました、、、
納得いかないようでした。




   






  

ホテルから空港へ向かう車の中で、ホテルの正面の屋台でダッシュで買った春巻き、串焼き、またまたビアラオで乾杯! 
最後まで呑んで、食べて、食べて、呑んでの旅を締めくくりました。
最後に空港でお世話になったリーさん交えて全員でLunch Trip のサインで記念撮影。

            

(ちょっと感想)
全て初めての経験でしたが、今までの旅行とは全く違った内容で、とても楽しめ、学ぶ事も多かったです。
日本便でも期待以上にラオスの方々と触れ合う事ができ、親しみを感じ、強く記憶に残っています。
何よりも参加していただいた方たちが本当に楽しそうで、そして、そのおかげでこちらも嬉しく、今でもみんなの顔がはっきりと浮かんでくるのですが、これが私にとって、一番の収穫だと思っています。参加してよかったなと。
また食を通じてのコミュニケーションを実感しました。こういう事なんだな、と思いました。
もっと時間があればこんな事ができたのにとか、もう少しこうすればよかったとか思う点がいろいろあり、いまだにいろいろ考えたりして、それが結構楽しかったりもします。
また次の機会があれば、それらの点を踏まえて是非参加したいと思っています。
今回のツアーを企画してくれた Lunch Tripさん、日本エコプランニングさん、ファンケルさん、また現地のスタッフの方々には大変感謝しております。ありがとうございました!