☆ パレスチナ旅行記 ☆ by crew Yoko

こんにちは。パレスチナ便 Crew の大島葉子です。
私は2009年クリスマス直後にパレスチナを訪れました。

今でも世界を旅した中で一番印象に残っている国です。

この度企画に携わっておりまして、少し自身の一人旅の経験をご紹介します。

写真はベツレヘムの様子です。

キリスト生誕の地とされるベツレヘムは、
エルサレムの南10kmあまりの丘陵地帯にある町です。
パレスチナ自治区の町なので、
平和を訴える落書きアートの壁・柵に囲まれた町の入り口には、
パスポートの手続きが必要でした。
イスラエルとのボーダーを超えるのは厳重で緊張しました。

ベツレヘム側に出ると、
観光客へのタクシーが何台も客待ちしており、
そこで1人の運転手の青年と交渉し、3時間ほど滞在しました。

一番の見所はイエスが生まれた生誕教会。
私の滞在したクリスマス直後には、
世界各国から集団で旅行者がクリスマスをお祝いにかけつけていました。

タクシー青年との話では、
彼には兄弟がおり、長男の彼は貧しい生活を支えるために
タクシー業で、弟・妹の教育・医者就職のために資金を稼いでいることを語ってくれました。
生活がもっと豊かになりたい、と話しておりました。

観光地ではアラファトの古びたポスターが掲示され、
子供が遊ぶ住宅街をぬけて、私は彼と町を一望できる場所に立ちました。

この場所のつかぬまの平和がずっと持続してほしい、
という思いでいっぱいになりました。

タクシー青年がおごってくれた1個のファラフェルの味と、
最後に笑顔でさよならをしてくれたことを今でも忘れられず、
今回企画に携わっております!

今何がこの国で起こっているのか。
戦争だけではないパレスチナの新たな一面をお伝えしていきます。

 

"Blog"の最新記事はこちら

ミャンマー便 featuring 映画「僕の帰る場所」レポート

ミャンマーの民主化クーデターが起こったのは2021年2月1日。今なお民主化を求める市民に対し、国軍による徹底した弾圧が続いています。抵抗する市民や少数民族の武装組織との衝突も全土に広がっています。今回は、その2月を忘れないため、2022年2月20日、映画『僕の帰る場所』の藤元明緒監督に「ミャンマーと私」をテーマにスペシャル対談をしていただきました。2021年7月のベトナム便Light featuring 映画『海辺の彼女たち』に続き、日本とアジアシリーズです。

レポート2022/4/9 LunchTripウクライナ便を行いました

2022/4/9 10:00−11:00、LunchTripウクライナ便を行いました。ご搭乗いただいた皆様、誠にありがとうございました。今回は、過去最高の141名という多くの方にお申し込みをいただきました。 プレゼンテー […]