1/21 LunchTripロシア便レポート〜「おそロシア」から「おもしロシア」に~

本当はおもしロシア!

1月21日(日)に、ロシア料理レストラン・チャイカ(新宿区高田馬場)にてLunchTripロシア便を開催しました。

DSC_9629-2

突然ですが「おそロシア」という言葉を見聞きしたことはありませんか?

LunchTrip 2018年の記念すべき最初の旅先となった【ロシア】!

今年はロシア史上初となるワールドカップ開催や日露文化交流、大統領選挙などのイベントが目白押しで目の離せない一年になりそうなのです。

そしてなんといってもロシアはこの地球上で面積が一番大きい国!! 日本のおよそ45倍の国土を有し、東西で約10時間の時差が生じるという圧倒的なスケールを誇っています。 日本にとっては物理的にはとても身近な国でもありますが、なぜ「おそロシア」と称されるほど日本国内ではネガティブなイメージが先行しているのでしょうか?

今回はロシアに渡航経験がある方やロシアが好きな方はもちろん、現時点では何も知らないからこそフラットな状態で今回を機にロシアについて学びたいといった方など本当にたくさんのPassengersのみなさまにご搭乗いただき、超満席となった機内から、2.5時間のロシアへの旅、もとい『先入観のない社会づくり』を目指した「おもしロシア」に出会う旅が始まりました!

 

Icebreak

まず始めに、搭乗にあたっての事前課題であった「日本国内における周囲の人のロシアへのイメージ」調査結果の発表・意見交換を…。

DSC_9680-2

〜調査結果発表〜

『極寒/怖そう(恐怖政治)/謎/軍事大国/大酒呑みが多そう/暗い/言語がわからず敷居が高い/ドーピング問題/名物がない』など、やはりネガティブな意見が多かった様相…。

一方で、LunchTripでは今回ご参加くださったPassengersのみなさまにも、ご搭乗前にご自身のロシアへのイメージについてアンケートをとっておりましたが『人類初の人工衛星&有人ロケットを飛ばしたすごい国/パワーがある/美術・文化・文学大国/美男美女が多い/バレエ・フィギュアスケートが強い』などといったポジティブな意見も多く、興味を持つ持たないでこんなにも差が出るのかと、とても興味深い結果になりました。

 

Presentation1

日本国内における「おそロシア」を把握したところで、Guide・Tamara Soykina(ソイキナ タマラ)さんのプレゼンテーション〜前編〜が始まりました。

DSC_9821-2

前編のテーマは『楽しい!おいしい!安い!本当はおもしロシア!!!』

タマラさんの生まれ育ったウラジオストクについての旅の仕方・エンタメ情報・食文化などのお話から、ロシア全体についての紹介など、楽しい情報が盛りだくさんでした!

次第にPassengersのみなさまからも「えぇ~知らなかった!行ってみたい!!」の声がたくさんあがってきました!

 

Lunch

お腹が空いてきたころに、お待ちかねランチタイム。
チャイカさんがLunchTripのために、ロシアの伝統料理を味わいつくすメニューをご提供してくださいました。

DSC_9782-2

まずは ~前菜~ (Закуски ザークスキ)!

DSC_9709-2

お酒、特にウォッカに合うように作られるため、塩分がしっかりと効いています!色合いも美しいですね。

続いては ~ボルシチ~ (Борщ ボリシチ)

DSC_9751-2

寒い冬にぴったりの、お肉とお野菜の煮込みスープです。旨味たっぷりで身も心もあたたまります!

続いては ~ピロシキ~ (Пирожки ピロシキ)

DSC_9773-3

ロシア人のソウルフードと言われています!日本人にとってのおにぎりにあたります。

パンの中の具材は作り手によって異なるのですが、チャイカさんでは、とあるこだわりの具材を入れています!気になった方はぜひお店で直接確かめてみてください♪

続いては ~つぼ焼き~ (Жаркое в горшочке ジャルコエ・ウ・ゴルショチケ)

DSC_9794-2

シチューの入った陶器をパン生地で覆ったものです。 このパン生地を中のシチューに浸して食べると最高においしい…!可愛らしい見た目に反してとても濃厚で味わい深いお料理です!

続いては ~ビーフストロガノフ~(Бефстроганов ビーフストロガノフ)

DSC_9806-2

炒めた牛肉や玉ねぎ、マッシュルームをサワークリームソースで煮込んで作られたお料理です。「歯の弱かったストロガノフ氏のために考案されたことが発祥」の料理と称されるだけあって、牛肉が柔らかく風味豊かな味わいを堪能することができました。

そして最後にお飲み物 ~チャイ~(Чай チャイ)

DSC_9828-2

甘くておいしいロシアンティー♪ 甘さの正体はジャム!チャイカさんでは、お茶に添えるのではなくあらかじめ投入したうえでお出ししてくださいます!

美味しいお料理をお腹いっぱい食べた後の、あたたかくて程よい甘みにほっと一息。

至福のひと時です!

 

Lunch中には、各テーブルを回ったタマラさんとロシアについての会話を楽しんだり…

DSC_9738-2

せっかくだからと、お酒をご注文されてお料理を楽しんでくださった方もいらっしゃったり…

DSC_9754-2

タマラさんのお話の中に出てきた「クワス」(パンの炭酸飲料!)に興味を持ってくださり、実際にご注文されて、より一層ロシア食文化を堪能してくださった方もたくさんいらっしゃいました! 中にはウォッカを召しあがった方も…!

DSC_9744-2

チャイカ店長様からも、お店の歴史やお料理の秘話、他のロシア料理店さんとの繋がりなど貴重なお話をしていただきました!

Passengersのみなさまの美味しい笑顔と笑い声で、機内は最高潮の雰囲気に♪

 

Presentation2

お腹が一杯になったところで、プレゼンテーション〜後編〜。
後編では、タマラさんがオモシロシア活動を始めた理由や実際の活動内容、今後のビジョンについてお話いただきました。

オモシロシアにまつわる建物や人物紹介をする度に、機内からは驚きや笑い声が!

タマラさんの熱意もあり、どんどんおそロシアがおもしロシアに変わっていきました!!

DSC_9759-2

 

Workshop

プレゼンテーションの後は、Q&Aを挟んで、ワークショップ。
『ロシア旅行に誘った友人が渡航に二の足を踏んでいます!なぜでしょうか?ロシアに旅行をしたくなるアクションを考えてみましょう!』をテーマにグループごとにディスカッションをしました。

DSC_9843-2

約15分の話し合いの後、グループごとに発表。
とにかく情報を知る、伝えることの大切さを改めて実感することのできたワークショップとなりました。また、グループの中では、ロシアに行きたくなるようなキャッチフレーズを考えて盛り上がってくださったところも!!

→二時間半で行けるヨーロッパ!

→片道2時間・往復3万円の旅!

→めしがうまい!安い!

→自然を堪能!

→町が綺麗!

みなさまありがとうございました!

そろそろロシアへの旅も終わり。
本日の旅のまとめとして、タマラさんのWorkshopへの所感や、再度ロシアについての思いについてお話いただきました。

 

Group Photo

最後にLunchTripポーズで全体写真を撮って、無事に着陸!パチパチパチ…!(ロシアでは着陸の際、拍手をする習慣があるのだとか!)

DSC_9865-2

 

〜Passenger(参加者)の感想を一部ご紹介〜
今回のお話を聞いてこの夏家族でウラジオストクに行くことにしました!/具体的なお話、写真を通じて国の様子がわかりました。/オモシロシアと言う点をしっかり理解することができました/タマラさんの思いとランチトリップの理念がマッチして、さらにオーセンティックなお店でとても良かったと思います!/終始わかりやすい丁寧な説明、明るい雰囲気でとてもあっという間の2時間半でした。ロシア旅行満喫です♫/ロシアに親しみを持てるようになりました/「おそロシア」から「おもしロシア」のイメージに変わりました

など、嬉しい感想をたくさん頂戴いたしました。

今回のLunchTripロシア便の2時間半という時間で、本当に、物理的に日本(東京)からロシア(ウラジオストク)に到着できます!ぜひ今回のフライトを機に、まだまだ知られていないオモシロシアを発掘していただければ幸いです!

スクリーンショット 2018-02-04 21.14.04

 

Crew Sayuri

"Blog"の最新記事はこちら

LunchTripオンライン-フィジー便レポート

2020年8月23日(日)に、LunchTripフィジー便〜幸福度上位の南国から教わる”幸せの習慣”:ニューノーマル時代の幸せライフデザイン〜を、今回もオンラインにて開催しました! お迎えしたガイドは、フィジー在住の永崎 […]

10/4 LunchTripニューヨーク便 レポート

■ニューヨーク便ができるまで ニューヨーク便のきっかけは、とある活動のオンラインイベント開催で一緒に運営したこと。普段はニューヨーク界隈にお住まいの方々向けに開催しているものだったため、コロナ禍なければ、もしかしたらオン […]