LunchTrip Crew紹介3: Yui ~他国・他者の価値観を知る場を提供したい

こんにちは! LunchTrip Crewを紹介していくCrewインタビューシリーズVol.3。 今回はYuiをご紹介します!  

高橋柚衣_2

Q1 LunchTripのクルーになったきっかけ・理由を教えてください

直接のきっかけは、ファウンダーの亜美さんとイベントで知り合い、Facebook上でLunchTripの投稿を見たことがきっかけです。

元々、国際協力や食品に興味がありました。それは中学生のころウズベキスタンに住んでいた体験が元になっています。そこは、いきなり停電が起こり、蛇口から出る水が茶色い事もありました。ウズベキスタンの治安は良かったですが、隣国が紛争状態という環境でした。そういった日本では得られない経験により、自分の世界が広がりました。また、そこで通っていたインターナショナルスクールには30カ国近い子女が集まっていて、色々な国の価値観に触れられました。それも視野が広がった要因の一つでした。

自分の視野が広がった事で非常に良い影響があったので、他の人の視野も広げられるきっかけを作る事が出来れば良いなと思っていて、そのために他国・他者の価値観を知ってもらう活動を国内でも出来ればと思っていました。LunchTripを知った時、まさにそういった活動だと思い、ジョインしました。

Q2 仕事におけるバックグラウンドを教えてください。

今年、新卒で食品メーカーに入社し、マーケティングをしています。この業界を選んだ理由は、食べる事が好きだという事もありますが、そもそも食べるという行為は日常の中に溶け込んでいて全ての人が行う行為であり、お客様に届ける商品を通して辛い事の緩和や前向きになれると思っているからです。つまり、食を通じて多くの人に「小さな幸せ」を届けられればと思ったからです。そんな食品メーカーの中でもマーケティングに携わっているのは、大学で専攻していたという事もありますが、3社でインターンを行った際に実務のマーケティングに触れた事も大きな要因でした。

Q3 これまで訪れたところで最も印象に残った国をエピソードとともに教えてください。

イタリアです。大学2年生から3年生にかけて1年間、留学してホームステイしていました。ホームステイ先では、ホストマザーと猫と小鳥と暮らしていて、一緒に料理して食べたり一緒にどこかにいったりと、ゆったりした時間を過ごしました。

日本にいた時は、大学入学後から色々な事に興味を持ち、色々な事をして過ごしていました。その時は常に先の事を考え、あれこれやらなきゃとせかせかと日々を過ごしていて、今思えば生き急いでるようでした。周りの日本人もそんな風に見えました。しかし、イタリア人は陽気で、寛容的で、家族想いで自分の時間を大切にして、周りの人も大切にして過ごしていました。そんなイタリア人の生き方に感銘を受け、ホームステイ先で過ごした豊かな時間に非常に価値を感じた事が強く印象に残っています。

高橋柚衣_3

Q4 趣味は?

食べること、旅行、写真を撮ることです。インスタグラムへの投稿も好きで、プライベートアカウントのほかにグルメアカウントも持っています。旅行やおでかけ先、おうちで食べたお料理やスイーツを中心に載せています。また、毎回旅行の時にはフォトスポット、カフェ、グルメをチェックしてそれらを訪れています。就職後に5日間ハノイに旅行で行った際も、フォトスポット、グルメ、お土産等の写真を撮りました。LunchTripでもインスタグラム担当をしているので、こちらもチェックして頂けたら嬉しいです。

Q5 パッセンジャーへのメッセージをお願いします。

いろんな魅力のあるクルーが、それぞれの素敵な思いのもとランチトリップのイベントを創っています!テーマの国のことを知らない方や普段はあまり旅行に行かない方も、ちょっとした小旅行にいく気分で、気軽に参加してみてくださいね!自分の世界が広がる1つのきっかけになったらとても嬉しいです。

高橋柚衣_1