10/4 LunchTripニューヨーク便 レポート

2020年10月4日、ニューヨークにお住まいの古市裕子さんをガイドにお迎えし、LunchTripニューヨーク便を運航しました。

■ニューヨーク便ができるまで

ニューヨーク便のきっかけは、とある活動のオンラインイベント開催で一緒に運営したこと。
普段はニューヨーク界隈にお住まいの方々向けに開催しているものだったため、コロナ禍なければ、もしかしたらオンラインで開催されることもなかったかもしれないイベントでした。
そして、今年は、コロナ禍だけでなく、Black Lives Matter運動や、4年に一度の大統領選など、日本でもニュースに良く取り上げられている大きな出来事があり、実際はどういう状況なのだろう?と気になりました。

一方で、ニューヨークのような多くの人が良く知っているような地域をLunchTripで取り上げるのは、ガイドを見つける点で結構難易度が高く、リアルなLunchTripではなかなか手が出せないトピックであったりします。
現地在住歴が長く、普段はアメリカに進出する企業のアドバイザー等をされているガイドであれば、これまでなかなかできなかった「日本人がよく知っている土地だけど、知らなかったことを発見できる」ような便ができそう!と思い、早速オファーをしてみました。
裕子さんが快く引き受けてくださったおかげで、LunchTripニューヨーク便は無事に運航することができたのでした。

■ニューヨークの今

最初はニューヨークの現在についてお話いただきました。
ニューヨークがロックダウンされ、普段は人でいっぱいあふれているタイムズスクエアやグランドセントラル駅、地下鉄までもがガラガラになっている様子、BLM運動の影響で略奪にあわないように板をはっている店舗や、被害にあってしまった店舗の様子などについて説明。

ロックダウン中のタイムズスクエア

現在は、ロックダウンも徐々に解除され、ガラガラだったタイムズスクエアも、9月末時点では50~60%ほどの人の戻りがあったようです。

9月末のタイムズスクエア

ただ、やはり経済への影響は大きく、破産件数も増えており、特に飲食やファッションはダメージを受けている様子も伝えられました。
ホームレスも増えてきているそうです。

地下鉄の中に住んでいるホームレス

でも、カプセルのような空間の中で食事を楽しめるようなレストランやバーが出てきたり、オープンカフェで楽しむ人の様子、街角のアートやタイムズスクエアの大道芸の復活など、ニューヨークの人々がコロナ禍でも生活を取り戻そうとしている、そんな動きもお話されていました。

ニューノーマル(?)なミッドタウンのバー

■BLM、大統領選

続いて、日本でもよく報道されているBlack Lives Matter運動と大統領選についてお話いただきました。
Black Lives Matter運動はアメリカでも連日ニュースに取り上げられ、全米各地行われているデモや、店舗への襲撃、略奪行為などは日本のメディアでもよく目にしています。
ただ、店舗への襲撃はデモに参加しているような黒人が行っているのではなく、実際は白人至上主義のグループによって行われ、あたかも差別に怒り狂った黒人がBLM運動にかこつけて略奪行為を行っているようにみせることで、黒人への非難をあおるようにしている面もあることをお話いただきました。

ユニオンスクエア前のBLM運動の様子

BLM運動のきっかけとなるような事件は今に始まったことではなく、これまでもずっと起きてきたことですが、これまでと違うところは、警察による不当な行為をたまたまその場にいた人が撮影し、その動画をSNSに投稿したことで、黒人だけでなく色々な人に認知されるようになってきたところにあります。 そのキーとなるのが「Z世代」と呼ばれる人たち。 裕子さんは、BLMはコロナで失業した黒人による怒りの抗議運動ではなく、アメリカの根源的な問題(人種差別・格差貧困・環境)をZ世代(10代~25歳)を中心に黒人と白人が協力して解決しようとする運動だと説明されていました。 Z世代の人たちは、オンラインとオフラインの活動を使い分けながら抗議活動を行い、行政も企業も無視できないほどの影響力を持っています。

Aunt Jemima(ジェミマおばさん)は、昔からあるホットケーキミックスやシロップなどのブランドで、パッケージには黒人のメイド姿の女性がキャラクターとしてされてますが、メイド=黒人という人種差別的な固定概念を根付かせているのでは?というような趣旨を訴えるSNSの投稿が広がり、今年ブランドの変更がされました。 Z世代の影響力は、今では企業も無視できない存在になっているようです。

そして話は大統領選へ。 ニューヨーク便開催時点ではバイデンが若干リードしていましたが、トランプの勢いもあるという状況でした。 ちょうど、ニューヨーク便の直前にトランプ大統領がコロナウイルスに感染したというニュースが流れ、このあとどうなるのか?と驚いたのと、この状況を使って何か追い上げを画策してないか?とも考えてしまいます。 ここでもネットやZ世代の話が出てきました。 xxママやサイレントマジョリティーに代表される女性たちもキーとなるといわれていますが、Z世代の投票率の伸びと影響力も個人的には期待ですね。

Workshopでも大統領選に勝つのはどちらか?を予想してもらい、理由についてディスカッションしました。 みなさんバイデン氏の方が勝つだろうと予想していますが、パッセンジャーの1人から、今日のパッセンジャーは女性が多いからバイデン支持が多いのではないか?とコメントがありました。 トランプ大統領が女性票獲得に躍起になっているのと関係ありそうでしょうか? 振り返るとそんな印象も出てくるWorkshopでした。

■ガイドおススメのアクティビティ&グルメ

ガイドの裕子さんからたくさんのニューヨークでおススメのアクティビティ&グルメを紹介いただきましたが、ここでは3つご紹介します!

・ヨガ
タイムズスクエアやビルの屋上で開催されるヨガイベントへの参加は、とてもNew Yorkerな感じがします。

・郊外の古城でランチ
ニューヨークのレストランで食事するだけでも優雅ですが、お休みの日は郊外の、それも「古城」で・・・というのがとても優雅です。
時間があったらぜひトライしてみたいですね。

・屋台飯
裕子さんのイチオシグルメは、ハラルフードの屋台飯。
ニューヨーカーはミーハーな人たちが少ないのかあまり行列になることはない・・・という中で、この屋台だけは行列になる!と紹介いただいたのが、ヒルトンホテル前の屋台。
知る人ぞ知る感じがしますね。地元の人たちに愛されるグルメを楽しむのも醍醐味です。

ハラルフード屋台の行列

■ガイドよりひとこと

今回、ガイドとしてご搭乗いただいた裕子さんに一言いただきました!

—————————-

LunchTripの皆さま、ご参加下さった皆さま、ありがとうございました。

話題が多岐にわたり駆け足的なお話になってしまいましたが、今米国NYで実際に事実として起こっている生情報を実感としてお伝えできていれば幸いです。

当日の話題:

・NYコロナ前(ロックダウン)とコロナ後(再生に向かうNY)

・米企業の動き(倒産)と・BLM(ブラックライブズマター)運動

・大統領選挙とトランプ氏VSバイデン氏、

・そしてNYおススメのランチスポット

など盛りだくさんをお話させていただきました。

皆さま、やはりNYの経済状況とBLM運動、大統領選のことが気になるとのことでいろいろご質問もいただきありがとうございました。 次回は皆様が実際にリアルにNYいらしていただける機会を楽しみにしています。 ありがとうございました。

"Blog"の最新記事はこちら

LunchTripオンライン-フィジー便レポート

2020年8月23日(日)に、LunchTripフィジー便〜幸福度上位の南国から教わる”幸せの習慣”:ニューノーマル時代の幸せライフデザイン〜を、今回もオンラインにて開催しました! お迎えしたガイドは、フィジー在住の永崎 […]

10/4 LunchTripニューヨーク便 レポート

■ニューヨーク便ができるまで ニューヨーク便のきっかけは、とある活動のオンラインイベント開催で一緒に運営したこと。普段はニューヨーク界隈にお住まいの方々向けに開催しているものだったため、コロナ禍なければ、もしかしたらオン […]