LTレポート イスラエル(2008.12)

シャローム(へブライ語でこんにちは)

今まで、アジア(カンボジア)→オセアニア(ハワイ)と飛んでまいりましたLUNCH TRIP.
初の中東、イスラエルへ!!

今回のお店選びは、わりとスムーズでした☆
なんたって、東京で3つしか見つからなかった。(前回のハワイと大違い!)

お店は、DAVID’S DELI@白金高輪。
イスラエル人のダンさんが、流暢な日本語でなんでも応えてくれます。
http://www.davidsdeli.co.jp/

まず、みんなが集まったところで簡単な自己紹介。
しばし歓談後、
イスラエルのイメージについて聞いてみました。

本を読んできてくれた方もかなりいて、議論が深まっているところもありました^^
自分が持っていたイメージと、その深ーい歴史と、遠い国、という感覚。

そんな中で、ガイドが実際見てきたイスラエルを話してもらうことにしました。

今回のガイドは、CREWなぁほ。
彼女がイスラエルにてみてきた風景や、感じた事を、写真やクイズを使って、
日本にいる私たちにもわかりやすく伝えてくれました。
そして、イスラエルって、楽しいところがいっぱいなんだ☆彡という発見をくれました。

クイズ、覚えてますか?
・死海の塩分濃度は何パーセントでしょうか?
→あおいちゃん、正解!^^   

・イスラエルのお墓の上に置くのは、花じゃなくてナニ?
→あゆみちゃん、正解!^^

そのほかにも、「シンドラーのリスト」って知ってますか、また日本のシンドラー杉原千畝さんを知ってますかという問いかけもあり、千津が的確に答えていました。
ユダヤ人の国イスラエルでは、ユダヤ人をホロコーストから救ったシンドラーや千畝の木が、道路沿いに飢えられているそうです。

その後、なぁほの話はエルサレムで見た様々な宗教が共存する地区へ。
ユダヤ地区、ムスリム地区、クリスチャン地区、アルメニア地区と、4つの違う宗教が、狭い地区を完璧に分けているという不思議。

そのあと、なぁほの話を経て、ダンさんへ直接質問です。
本を読んできたPASSENGERSからもバンバンと質問が上がります。

「若いアラブ人、イスラエル人も憎みあうのですか?」(千津)
「日本に来ているアラブ人とイスラエル人も?」(アミ)
「日本にはどうしていらっしゃったのですか?」(のっち)
「無宗教の人はいるの?」(恭子)
「エルサレムで共存している、っていうけれど、実際どうなの?」(マサ)
「アメリカの手下なの、それともアメリカがイスラエルに従っているの?」(アミ)
「クリスマスは何をするの?」(なぁほ)
・・・・・・

ここには全て応答は載せませんし、ダンさんは日本に9年住んでいらっしゃるので、
イスラエル一般人の意見とは違うかも知れない。

それでも。実際の意見も聞いてみることが大切です。
ほんとうは、いってみたい。それが出来ないから、まずは本を読み、質問する。
なるべく生に近い情報を、自分達で取りにいく機会ができました。

答え難い政治的なことも、笑顔で一生懸命答えてくださったダンさんに感謝♪♪
ヘブライ語でありがとう=”toda”(とだー)♪♪

最後は集合写真をとっておわかれです^^

"Report"の最新記事はこちら

lunchtrip kurds light

クルド便Light録画視聴再アンコールのご案内

昨年8月18日は、クルド便Light~東京クルドを知る~を開催し、難民について考えました。いまこそ身近なこととして難民について知る機会としていただければと、今月末までの期間限定で再び録画視聴のアンコール配信をいたします。是非お楽しみください。

ミャンマー便 featuring 映画「僕の帰る場所」レポート

ミャンマーの民主化クーデターが起こったのは2021年2月1日。今なお民主化を求める市民に対し、国軍による徹底した弾圧が続いています。抵抗する市民や少数民族の武装組織との衝突も全土に広がっています。今回は、その2月を忘れないため、2022年2月20日、映画『僕の帰る場所』の藤元明緒監督に「ミャンマーと私」をテーマにスペシャル対談をしていただきました。2021年7月のベトナム便Light featuring 映画『海辺の彼女たち』に続き、日本とアジアシリーズです。