LunchTrip crew紹介14: 野田リーダー ~旅行も子育ても楽しんでNPO化にも貢献~

こんにちは! LunchTrip Crewを紹介していくCrewインタビューシリーズVol.14。 今回はCrew 野田リーダーをSatineが紹介します!  

Toshie Noda_1

Q1. LunchTripのクルーになったきっかけ・理由を教えてください

2012年に新婚旅行で行っマダガスカルにはまり、マダガスカルの情報を調べていたところ、LunchTripマダガスカル便のレポートを見て興味をもちました。そして次開催のフィンランド便に初めてパッセンジャーとして参加し、そのままクルーになりました。当時はLunchTripNPOになる過渡期で2枚目の名刺プロジェクトとして、ミッションやビジョンの設定、事業内容の整理、過去の履歴活用の分析など、LunchTripを更に拡大していくための活動をおこなっていました本業とは全く違う活動が面白く、それ以来クルーを続けています。

 

Q2. 仕事におけるバックグランドを教えてください

IT、金融、ファイナンス分野の会社で勤務してきました。今まで社内経費や予算の管理、要件定義など社内向けの仕事が多かったですが、今年からは顧客向けの仕事が増ました。データの流れを見ることが得意なため、LunchTripでは経理グループを担当しています。

 

Q3. これまで訪れたところで最も印象に残った国をエピソードとともに教えてください

【アメリカ西海岸】めての海外旅行で行きました。幼少時代、山に囲まれた町で育ったため、アメリカの広大な土地に純粋に驚きました

【インド】他のアジア諸国と似ているのかと予想して行きましたが、当時はまだ“昔のインド”が残っており、車と牛とトラックが密集して走っていたり、女性は日常的にサリーを着用していたり、あまりの生活の違いに圧倒されました。

【マダガスカル】がない子供、毎日8キロの道を歩いてマーケットに買い物に行く子供、水飲み場で顔を洗う子供など、たくましく生きる子供の姿が衝撃的でした。人間の生命力のエネルギーを感じました。この時の経験は、現在自らの子育てにも大きく影響していると思います。

105916085_574317356607734_8184984001542535959_n noda1

 

Q4. 趣味は?

旅行と子育てです。キャンプやエアレース、モンスタートラックなど、男の子が好きそうなところに一緒に行くのが楽しいです。LunchTripのミーティングにも連れていきますし、小さな子供がいても自分のやりたいことも楽しんでいます。

 

Q5. パッセンジャーへのメッセージをお願いします

LunchTripに興味を持っていただけたら、世界の様々な国人々がどのように暮らしているか、その国のローカル事情をぜひ知ってほしいです。また、ただガイドの話を聞くだけではなく、パッセンジャー同士やクルーとも話をして、新しい出会いを持ち帰ってもらいたいと思います。パッセンジャーもクルーも様々なバックグランドを持つ魅力的な方がそろっていますので、いろいろな人の考えや気持ちと触れ合えることがLunchTripの醍醐味だと思います。

Toshie Noda_3

Toshie Noda_2

下:マサイ戦士登場の2014年のケニア便にて(中央)

"Blog"の最新記事はこちら

ミャンマー便 featuring 映画「僕の帰る場所」レポート

ミャンマーの民主化クーデターが起こったのは2021年2月1日。今なお民主化を求める市民に対し、国軍による徹底した弾圧が続いています。抵抗する市民や少数民族の武装組織との衝突も全土に広がっています。今回は、その2月を忘れないため、2022年2月20日、映画『僕の帰る場所』の藤元明緒監督に「ミャンマーと私」をテーマにスペシャル対談をしていただきました。2021年7月のベトナム便Light featuring 映画『海辺の彼女たち』に続き、日本とアジアシリーズです。

レポート2022/4/9 LunchTripウクライナ便を行いました

2022/4/9 10:00−11:00、LunchTripウクライナ便を行いました。ご搭乗いただいた皆様、誠にありがとうございました。今回は、過去最高の141名という多くの方にお申し込みをいただきました。 プレゼンテー […]